キャンプに纏わるあんな話題、こんな話題

バーベキューだからといって

  • one
  • two
  • three

バーベキューだからといって

火の扱いはここでも

焚き火が禁止になる一方で、やはり火に関する問題はキャンプ時において通例といえるくらい問題になりやすいようだ。焚き火の他、バーベキューというキャンプで間違いなく行う食事においてもその例に漏れない。極端なことをしなければ問題ないように見えるかもしれませんが、こちらも扱いを1つ間違えてしまえばやはり大きな事故に繋がりかねません。だからこそ正しく取り扱えるようになるのが大事ですが、初心者ほど下準備無しでしようとします。中にはビギナーだと見られたくはない、なんて虚栄心からキャンパーといったベテランの振りをする人もいるので、それはそれで別次元で困ったことになりかねない。

特にバーベキューで問題となるのが火の元となる『炭』が取り上げられます。炭は直に火を付けられるものではなく、別の触媒を利用して火をおこしてからじっくりと温めていくのが基本だ。それによってある程度の時間火力を保ち続けられるわけだが、ここでもホワイトガソリンを使って引火、なんて手段を取ったら目も当てられない展開になります。

炭に火を付ける、その手段として言われているのが次のようなものだ。

炭への着火

着火剤の使用
炭への引火で一番メジャーな方法としては『着火剤の使用』が挙げられる。着火剤を使用する際には『8の字かまど式』という、炭を8の字に置いて形を組んで、その丸の部分に着火剤を置いてから熾火を着ける。火が大きくなったところを見計らって比較的大きめの炭を上から置き、火が回るのをじっくりと待ちます。この時、炭の火回りが遅いのは知っているはずだが、知らない人はまだかまだかとイライラするかもしれませんが、ただただ耐えしのぐしかない。
新聞紙の利用
着火剤がなくても、新聞紙があっても炭に火をつけることは出来ます。この時には炭を縦に置いていき、その間に丸めた新聞紙を入れていく。この時新聞はねじっておき、入れ終わったら新聞紙に着火して火が回っていくのを待つ。この時にも上から炭を置いて火が消えないようにしなくてはならない。こちらも時間はかかるので、待ち遠しいという人が多い。
道具の使用
着火剤を使うにしても新聞紙を使うにしても、従来のやり方ですが慣れていないとかなり大変という面もあります。炭に火を付けるだけでこんなに大変だなんて、と思う人は『火おこし器』を用いてつけると良い。これは炭を容器の中に入れ、下に着火剤を置いてから火を付けるだけでいい。その後火が付いたのを確認したら上から蓋をかぶせて、およそ20分間待てば簡単に炭火が出来上がります。

今までの苦労が嘘のように楽になるので、少しでも楽になりたいという人にはオススメの道具だ。

バーナーで着けることも

これらの方法は特に時間がかかるので、もっと簡単な方法はないかと言われるとあることにはあります。それこそ炭へ直に火を付けて灯していくバーナーを使用するやり方だ。直接火を噴きつけるだけなので簡単ですが、このやり方ですと炭が爆ぜる可能性があるため火傷の危険性が考えられます。じっくりやってこその炭火なので、待ちたくないからという安易な理由で行うよりは上記3つの内のどれかに焦点を絞ったほうが良さそうだ。

使った後の処分方法

ここまでならさして問題ないんですが、この後が一番肝心のキャンプ場を悩ませる問題に抵触していきます。何が起こっているのかというと、バーベキューなどで使用した炭を持ち帰らず、なんと『地面に埋めて放置しようと言う人がいる』というのだ。一見すると地面に還りそうだと思いたくなりますが、そんなことはない。これはどのキャンプ場でも規定されていますが、使い終わった炭を埋める行為は全面的に禁止事項として組み込まれている。

処分方法は可燃ごみなので、持ち帰って燃えるゴミの日に出すだけでいい。またキャンプ場にゴミ集積場があるなら、そこに炭の捨て場が専用に設置されているので、そこに捨てるようにしよう。こうしたところでもマナーを守れず、自分勝手な理屈で迷惑を振りまく人は絶えないというからモラルの低下が懸念される。先ほどの焚き火にしてもそうだが、キャンプをしている人たちの中にはファッション感覚でしているだけ、との指摘も見られます。レジャーはレジャーでも、レジャーなりに守らなければならないマナーは存在する。それができないでキャンプブームなど来られても、大変な事態になりかねない。それこそ全面的にキャンプ禁止と言わなくては、なんて問題も考えられるため、愛好家の人は今一度自分たちが間違ったことをしていないか確認する必要はありそうだ。