キャンプに纏わるあんな話題、こんな話題

気をつけたいキャンプでのルール

  • one
  • two
  • three

気をつけたいキャンプでのルール

迫力満点の焚き火、しかし現実は

キャンプをする、醍醐味は様々ですが中でもこれだけはやっておきたいという恒例行事とも言える物があります。他でもない、キャンプといえば『焚き火』だ。フィクションの世界もそうだが、かつて世界が文明という物を気づいていなかった時代から続く、非常に原始的な火をおこすことだ。直に焚き火をしたという経験をした人はほとんどいないでしょう、それこそ住宅街でしようものなら一大事です、というと何だか説得力があるなぁと思うかもしれませんが、子供の頃にそういう真似事をやったことがあるという話に繋がるわけだが、それはそれだ。

キャンプ初心者ならば焚き火だけは最低限しないと意味が無い、そう考えているでしょう。逆にベテランのキャンパーとまで呼ばれるくらい熟練した人にすれば焚き火くらいではしゃぎ過ぎだと、そう一瞥されてしまうかもしれません。それくらい楽しみとして挙げられますが、現実には焚き火の怖さもあってキャンプ場によっては『焚き火中止』という禁止事項を設けているところがあります。

そんなところがあるのかと愕然とするかも知れません、しかしこれにはきちんとした理由があるからだ。直火での焚き火は確かに迫力がある、まるで冒険者にでもなったかのような既視感を覚えて雰囲気とロマン溢れるものですが、適切に扱えない人が焚き火をしていたら管理者側は常に冷や汗ものだとのこと。

またこうした焚き火をする分には構わないが、マナーの悪さが目立ってきたという点も挙げられるためでもある。どうして焚き火がダメと言われるようになっているのか、その多くが適切に焚き火を管理できない点が言われています。

マナーの悪さが顕著に

現在も直火で焚き火を許可しているキャンプ場は存在していますが、それでも近年は特にマナーの悪が出てきて、利用を控えてもらうかもしれないという可能性も示唆しているとのこと。一体何が起こっているのかというと、主に言われている問題点はこんなところだ。

何でもかんでも燃やす

焚き火をしていると、火を利用して色々なことが出来ます。古来から暖を取るため、また獰猛な動物たちが近寄ってこないようにするためのものとしてですが、今の時代でもこの2つの性質は消えていません。ですが燃えているからといって、ここへなんと『ゴミ』を燃やす人がいるとのこと。それも生ごみを始めとして、ダンボールや貝殻と言ったものもだ。最早焚き火ではなく焼却炉だ、などと上手い喩えが出るほどですがそれだけ無秩序に焚き火を変な方向に利用する人が多いようです。

また焚き火を利用する際、キャンプ場には専用の薪が用意されている。基本的にそれを購入して直火していくわけですが、人によってはそこら辺に落ちている木を拾ってきて燃やそうとする人もいるという。しかしながら専用の薪と違って燃え切らないと判断したら、そのまま放置する人もいるとのことだ。

マナーが悪いというよりは、焚き火というものを勘違いしている節が見られる。これでは禁止にしないといけなかったというキャンプ場の気持ちが理解できる。

燃やしすぎる

焚き火は自然と火の調節を見ていなければなりません。消えないように薪を焼べるわけですが、やり過ぎるとどうなるかは言うまでもないでしょう。投下された分だけ火の勢いは増していき、燃え広がってテントなどに火の粉が被って燃え始めたというケースもたまにあるとのこと。そもそもキャンプ場に用意されている焚き火用の炉は範囲が限定されている物がほとんどで、それ以上火を増すような焼べ方は推奨されていません。

まるでキャンプファイヤーを楽しむかのように火を強くしようとする人も中にはいそうですが、キャンプ場のマナーとして見れば違反していると言える。仮にも公共の場であるという点を考えれば、そんな事をしても誰の得にもならないのですが、分からない人は残念ながら多いとも言われている。

薪に着火しようとする

焚き火をするとき、直につけようとする人がいる。どれだけ危ないかというと、顔面が最悪火傷するくらい危ない所業だ。火をつける際に利用するホワイトガソリンを薪にかけてからつけるというような人もいる。一気に燃え広がってそれこそ山火事が起こってもおかしくないレベルの大惨事になりかねません。

知らなかったで許される問題では無いので、やり方を知らないならきちんと聞いてくれと注意しても、馬の耳に念仏という人が多いそうだ。

全面的に禁止される可能性も

こうしたマナーの悪さが増えれば増えるほど、キャンプ場での焚き火が禁止になるケースが増えていきます。それこそ焚き火場という道具を用いて行わなくてはならなくなるため、一度やりたかったという焚き火は夢のまた夢になってしまうこともあり得る。今後のことを考えると、安全面を考慮できない人が増えていけばどんどん焚き火が出来なくなるキャンプ場は増えていくので、マナーを守って適切にしていかなくてはならない。